不動産

国分建設の魅力に迫る|満足のいくマイホーム作り

一戸建て住宅

男性

大阪府寝屋川市で新築を購入する場合には、どのような新築が多いかの傾向を知る必要があります。まず、駅前に関しては地価が高く、寝屋川市の平均を上回る1坪73万円ほどで取り引きされています。新築住宅を売る側からすると、土地が広い場合は取り引き価格が高くなってしまい売れなくなるという問題点があります。寝屋川市で住宅を購入する人の傾向は、3000万円前後ぐらいの予算を住宅に費やすことができる予算としています。すると150平方メートル以上の土地を新築住宅の土地としてしまうと新築一戸建ての価格が4000万円近くになってしまい、購入希望者もお手上げになります。そこで、販売会社は、土地を100平方メートル前後にすることで、3000万円前後に抑えています。

住宅を購入するとなると新築住宅が注目されがちですが、中古住宅と比較するとその人気はどうでしょうか。寝屋川市は、中古の住宅が増加している傾向にあります。その理由は、60代を中心とする人口が増えていることや、その割には市内の人口が減少しているからです。人口が減少している理由の一つは、20代から30代以下が減少していることが考えられます。すると、住宅購入希望者が少ない割には中古の住宅が増加する傾向が読み取れます。60代以上で住宅を手放す人も多いからです。その結果、中古の住宅を希望している人も増えてきます。なぜなら、物件が増えた割には購入希望者が少ないと需要がないことになり、価格が下がります。それを狙って中古を購入する人口が増えるのです。ただ、それでも設備や耐震性も最新という魅力的な新築住宅を希望する人口は依然多い傾向はしばらく続くでしょう。